一人暮らしでやってきて良かった節約術

もうすぐ一人暮らしして2年になるので、やってきて良かった節約術を書きます。

わか
一人暮らしは大変な部分もありますが、自分で全てコントロールしている所が良いですね。

以下読みたい部分からどうぞ↓

スポンサーリンク

 私が1年でやってきた節約術

生活費と給料も公開していますので興味がある方はどうぞ↓

関連記事

一人暮らしして、2年弱経過しました。一人暮らししてみて、実際にいくらかかるか不安でしたが、節約すれば10万円で余裕生活できました。一人暮らしにかかる生活費の平均額を書いていきます。わかこれから札幌で一[…]

 一人暮らし前にやること

住む地域で一人暮らしをしている人の家計簿を下調べします。ネットにゴロゴロありました。

わか
私は札幌なので、札幌で一人暮らしをしている「学生」を見本にさせてもらいました。

最低どのくらいのお金が必要かが分かります。
私は、低収入なので色んなサイトを見て回り節約する為の方法を考えました。

病気になる・家電が壊れる等のイレギュラーがなければ最低限必要な生活費は7万円となりました。

(夏と冬で最低限必要な生活費が変わります)

一人暮らししたら毎月&毎日やる事

私が節約する為に毎日&毎月やっている事を紹介します。

1月ごとに家計簿をつける

何ヶ月か家計簿を付けていくと食費・光熱費の平均が出せます。
それを元に、今月は使いすぎたな、今月は節約出来た、など統計を取っていきます。

例えば、食費に関して‥
月々の家計簿から食費の平均が15000円なので、15000円~16000円前後の予算を考えて買い出しています。

月末近くになり、これを買ったら15000円を越えてしまうから買わない!という選択も家計簿を付けてたら出来るようになります。

食費に余裕がある時は、プチ贅沢をしてメリハリを出します。
(美味しいスイーツを食べたり、評判のお店に行く等)

わか
自分にご褒美も必要!
スポンサーリンク

スーパーのチラシを毎日チェックする

ネットチラシ・折込チラシで食材・日用品の特売日をチェックします。

 

ヨーグルトやウィンナー、卵、食パン、豆腐、野菜が安い日に買い出しに行きます。
上記は私がよく食べる物なので、まとめ買いします。

賞味期限が短い物は期限内に食べられる数だけ。

肉やウィンナーは多めに買って、冷凍できるものは冷凍してしまいます。

光熱費や固定費を見直す

毎月かかる固定費を見直します。

わか
節約には固定費を削る事が必須です。

消費量を工夫したり、安いプランに変えられるものは変更する。

スマホと固定回線や電気などセットで安くなるプランもあるので検討します。

水道代

我が家は毎月固定の2500円で家賃に含まれています。
実家の時は1月2100円程だったので、少し割高ですね。

アパートの水道メーターが1個しかない為だと聞きます。

わか
定額だと使いすぎた時に安心という良い面もあります。
一人暮らしだと基本料金は超えない事が多いので、ちょっと損していますね。
他の賃貸物件では部屋1Kで3000円台(固定)なんてのもありました。
ガス代

ガスはプロパンガスです。
都市ガスより1.5~2倍高いと言われています。

賃貸ではガス会社の変更が出来ないので、言い値を払わされます。

お部屋探しでプロパンガス物件を検討している場合は、プロパンガス料金を事前に聞くことを強くオススメします。

ネット上でも言っている人がいましたが、住んでしまってからガス料金が高すぎて引っ越したいという意見もありました。

わか
ぼったくり会社もあるので注意です。

私が契約しているガス会社は高くもないけど安くもない料金です。
都市ガスよりは当然高いですが‥。

 

節約に関してですが、ガスをなるべく使わない事ですね。

料理ではIHクッキングヒーターを使用しています。
ガス代より電気代の方が安いのでIHクッキングヒーターを導入しました。
(※都市ガスは料金が安いので沢山ガスを使ってもそれ程高くなりません)
※ただし、毎日自炊する方でも料理に使うのは1.0㎥ほどだと言われています。
給湯器がガス代の大部分を占めます。

他の利点として火を使わないので、部屋に熱がこもらない。
火事のリスクを減らせる。掃除が楽という点ですね。

私は使っていませんが、プロパンガスを使うよりカセットコンロも節約になります。
ガスボンベも結構安いですし、カセットコンロは場所を選ばないのがいいですね。
あと災害の時も活躍しそうです。

給湯ではガスを使わざるを得ないので、ガス使用量を減らす為に節水シャワーヘッドを利用しています。
お陰でひと月のガス使用量が1.5㎥を超えたことがありません。

冬で3500円前後、夏で3000円弱程です。
※ガス会社によって従量料金・基本料金が違うのでこの限りではありません。

一人暮らしの平均では3.0㎥~5.0㎥程使って、5000円~7000円前後という方もいました。

電気代

電気会社は賃貸でも自由に変えられます。
※マンション等で決められた電気しか契約できない場合を除く。

わか
au電気や北ガス電気など色々とありますね。

私はキャリアスマホ持っていないし、北ガスでもないので、「looopでんき」を使っています。
looopでんきは基本料金が0円の代わりに1kwh当たりの料金が少し高め29.5円です。
(ほくでんは1kwh当たり24円)

夏頃の電気料金を比較してみると・・

ほくでんの時の料金1900円前後→looopでんき1500円前後。

約400円の節約になりました。

1年で約4800円も節約になります。

 

looopでんきは時々お得なキャンペーンをやっている場合があるので、事前にチェックする事をおすすめします。

私が契約する時は、2000円分のクオカードをもらえるキャンペーンをしていました。

 

あとlooopでんきの良いところは、ネットで毎日の使用量が見れるところですね。

IHで料理をした場合、パソコンを○時間使った場合、洗濯機を回した場合などの細かい使用量が分析できます。

 

looopでんきにして困った事や不便な事は今のところないですね。
あえて言うなら、契約時してから開始するまでに少し時間がかかった程度でしょうか。

メーター取り換え期間も含めて、約1月かかりました。
(メーター取り換えの費用負担はなし)

一度ほくでんと契約してから変更しなければなりません。
クレジットカードも必要になります。

looopでんき契約後はアンペアの変更が(もしかしたら)出来ないかもしれません。

なので変更が必要な方はlooopでんきに変更する前にアンペア変更した方がいいかも‥。

私はIHクッキングヒーターを使うので電気使用量が多そうでした。
なので、ほくでんの契約中に15A→20Aに変更しました。

他の節約としては自炊する人は冷蔵庫選びですね。
冷蔵庫は365日休まず稼働する物なので電気を喰います。

わか
なので、省エネタイプの冷蔵庫をオススメします。

冷蔵庫本体の代金が安くても電気代が高いと軽く元が取れてしまいます。
私の冷蔵庫は3万円台でしたが、店舗には2万5千円くらいのものもありました。
3万円の冷蔵庫は年間電気代が7900円なのに対して、2万5千円の冷蔵庫の年間電気代は9800円でした。
3年くらい使えば3万円台の冷蔵庫の方が安くなります。

私はファン冷式(霜取りしなくていいタイプ)で年間電気代が8000円以下の物を選びました。ちなみに直冷式(霜取りが必要なタイプ)は年間電気代がファン冷式より安くなります。
同じくらいの大きさで年間電気代が4000円から5000円台でした。

わか
節約か手間か‥この辺はお好みで選んでいいと思います。

一人暮らしの方は1Rや1Kのお部屋が多いと思うので、寝ている時に冷蔵庫の音が気にならない静かなタイプをオススメします。

ネット・スマホ代

ネット回線はアパート・マンションによりますが大体が自由に決めれます。

コンセントに差してそのまま使える据え置き型回線やポケットWi-Fiなども有りますが、私は費用的にも速度的にも安定の固定回線を選びました。

使っているSIMや使用スタイルで選ぶと良いと思います。
キャリアスマホ使っている方なら、au・ソフトバンク・ドコモがそれぞれ回線を扱っているので、キャッシュバックや割引などお得に使うことができます。
外でネットを使う事が多い方ならポケットWIFIがオススメです。

最安値やキャンペーン、キャッシュバックなどお得情報と色々な方の回線のレビューを参考にして私はDMM光と契約しました。

DMMモバイルSIMを使っているので、割引されて月々の使用料がSIM代と固定回線代を合わせて4000円強。
速度も安定しているので、オススメです。

以前速度チェックをした記録です。

条件

・nova lite(802.11 b/g/n)とP20 lite(802.11 a/b/g/n/ac)で比較

・金曜日の夜9時頃計測

・ DMM光最大1Gbps  V6プラス

wifi WN-AX1167GR2

・4Gmarkで計測

・nova liteは2G、P20 liteは5Gで比較

 

結果

nova lite

DL:81.5Mbps

UP:71.1Mbps

 

P20 lite

DL:104Mbps

UP:77.5Mbps

スマホ代を節約するには、格安SIMへの変更をオススメします。

わか
月々の料金が7000円→2500円になったという声も聞きます。

デメリットがキャリアのメールアドレスが使えないくらいで、速度もほぼ同じくらいです。
(UQモバイルやY!mobileは他の格安SIMより若干速い)

 

私は外であまりネットをしないので、スマホはDMMデータSIM1GBプランを使用しています。モバイルSIM単体の料金が500円強です。

通話用にSMARTalkというアプリを使っています。

関連記事

皆さんは電話かける方ですか?電話はLINEでしかかけない? 私は電話は滅多にしませんが、ネットで何か手続きをする時や契約、ネットで物を買う時や病院行った時に電話番号を求められる事があります。[…]

灯油代

灯油もガス会社が提供しているので、自分で直接入れたり会社変更ができません。

手間がかからない点では良いですが、自分で入れるより割高に設定されています。

「基本料金+灯油使用量=灯油料金」の料金形態

 

夏は暖房を使わないので灯油の供給を止めてもらいます。
正確には春~秋の間、止めてもらうと灯油料金が0円になります。
(他の賃貸は分かりませんが‥)

 

冬はなるべく外出したり、厚着したりします。寝具も暖かい物を使います。
あと一人用のホットカーペットがオススメです。
電気代が1時間当たり0.3円程となっています。

関連記事

北海道在住、暑がりです。貧乏なので、暖房費を節約したいと思い、11月に灯油ストーブを使わないという縛り実験をしました。このアイテムがなかったら、灯油ストーブを使わざるを得なかったよ!というものを紹介します。こ[…]

クレジットカードを利用する

ポイント付きクレジットカードを利用すると節約になります。
マイルに変わるタイプや景品がもらえるタイプなど色々とあるんですね~。

わか
私は楽天カードを使用しています。

楽天カードは楽天市場で、お買い物した場合のポイントが2倍~18倍(楽天スーパーセール)付く場合があります。

楽天以外で買い物をした場合は1%のポイントが付きます。
例)楽天以外でお買い物:10000円のお買い物で100円分のポイント
例)楽天スーパーセール18倍:10000円のお買い物で1800円分のポイント

現在、楽天ポイントはドラックストアでも使えるので、日用品を購入したりもできます。
楽天ポイントを使える店舗が増えているので、要チェック。

 

ネット回線・スマホ・電気・ガスなど固定費もクレジットカード払いにしてポイントを貯めて、楽天市場でお得に買い物をします。

ちょっとセコイですが‥通勤、通学用の定期券をクレジットカードで購入した場合、実質タダでポイントもらえます。

 

クレジットカードはお得が沢山あって便利ですが、使いすぎに注意です。
色んな所で言われていますが、現金を使っている感覚がないのでついつい使いすぎてしまうようです。

使いすぎ防止・盗難・紛失対策の為に、私は10万円上限&キャッシングはなしで設定しています。(後から変更も可能)

何か目標を作る

○○円貯まったら○○を買う、美味しいものを食べる、旅行へ行く‥といった目標を立てると節約に対してやる気が出ます。

わか
私は現在は自己投資と株投資をしているので、浪費は控えています。

物欲センサーが働いた時は生活必需品を購入

私は物欲が働いた時は生活用品を購入します。
洗剤を違う物にしたり、石鹸を変えてみたりします。

わか
ブログにレビューも書けるので一石二鳥となります(笑)

物を買った!という満足感が満たされるので、物欲センサーが落ち着きますし、オススメです。

 

他にはそれを買う事によって自分はどうなるのか?シミュレーションしたり、本当に必要なモノなのか、じっくり考えてから行動します。

わか
物が増えて、散らかった部屋は嫌ですし。

特売品(食品・日用品以外)や今だけしかない売り切れ御免!に踊らされないよう心がけています。

高価な物は買う時は慎重に

高価な物は絶対に衝動買いしないようにします。

わか
株を購入する時も念入りに調査します。

株に関する勉強や企業情報、チャート分析などできる事は全てやる勢いでやっています。

パソコンやスマホなどやや高価な物の購入も安く買うために、キャッシュバックや購入場所などくまなく調べます。

まとめ

私が知らない節約術が世の中には沢山あると思います。

また新しい節約方法を調べて実践し、効果があったら皆さんにもお知らせしたいと思います。

 

現在は元気に生活していますが、いつ病気になったり家電が壊れて沢山お金を使ってしまうか分かりませんし。

健康的に節約し貯金出来るように頑張って行きたいと思います。

 

以上

一人暮らしでやってきて良かった節約術でした。
読んでくれてる皆さんの参考になれば幸いです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!